MENU

研究業績

 

 

 

受賞一覧

表彰・受賞

  • 平成2年(1990年) 3月8日 篠原記念学術奨励賞(電子情報通信学会)

    中内 茂樹

     

  • 平成6年(1994年) 3月3日 研究表彰(光科学技術振興財団)

    中内 茂樹

     

  • 平成9年(1997年) 11月6日 奨励賞(日本神経回路学会)

    中内 茂樹

     

  • 平成19年(2007年) 10月1日 グッドデザイン賞 ((財)日本産業デザイン振興会)

    中内 茂樹

     

  • 平成21年(2009年) 5月17日 第2回 日本色彩学会論文賞(日本色彩学会)

    Shigeki Nakauchi,Tatsuya Onouchi

    論文題目:Detection and modification of confusing color combinations for red-green dichromats to achieve a color universaldesign

    掲載誌:Color Research and Application, Vol.33, No.3, pp.203-211(2008)

     

  • 平成23年(2011年) 4月11日 平成23年度 文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)

    中内 茂樹

     

  • 平成23年(2011年) 9月21日 第9回産学官連携功労者表彰経済産業大臣賞

    中内 茂樹

     

学会等発表賞

  • 2007年度 視覚学会夏季大会 ベストプレゼンテーション賞

    小峰 央志 「2色覚における色弁別・色分類とカラーネーミングとの関係」

     

  • 2007年度 カラーフォーラム2007 ベストプレゼンテーション賞

    小峰 央志 「色弱者における色の見えとカテゴリカル色知覚の関係」

     

  • 2010年度 日本色彩学会第41回全国大会 研究発表奨励賞

    西野 顕 「ファンデーションの定量・分布計測のためのスペクトル差異強調フィルタ」

     

  • 2010年度 7th Annual ECNS/ISNIP Conference Conference Award

    則竹 洋佑 「EEG Study of insight process of hidden figures」

     

  • 2010年度 OPJ2010 ベストプレゼンテーション賞

    豊田 敏裕 「質感知覚の視覚機序に基づく真珠の品質計測」

     

  • 2010年度 OPJ2010 ベストプレゼンテーション賞

    小林 健一 「近赤外分光画像を用いた牛肉中の脂肪酸含量分布の可視化」

     

  • 2013年度 日本視覚学会2013夏季大会 ベストプレゼンテーション賞

    山岸 理雄 「色輝度勾配によるグレア効果の増強」

     

  • 2014年度 APCV2014 Best Student Presentation Award

    田村 秀希 「Relationship between brightness enhancement and self-luminosity of the glare illusion」

     

  • 2014年度 ICAICTA 2014 The Best Paper Awards

    永井 裕人 「Optimization of Excitation-Emission bands for Estimating Viable Bacteria on Meat Surfaces with Fluorescence Spectroscopy」

     

  • 2015年度 VSS 2015 The Best Student Poster Awards

    田村 秀希 「Can the classifier trained to separate surface texture from specular shading infer geometric consistency of specular highlight?」

     

  • 2016年度 ICAICTA 2016 The Best Paper Awards

    近藤 泰成 「Optimization of illuminant spectrum for visual detection of foreign substances in jams」

     

学内受賞

<最優秀特別研究発表賞>

  • 2004年度 西 由紀子 

    手がかり効果に着目した視覚的注意に関する研究 〜事象関連電位による解析〜

     

  • 2007年度 鶴見俊輔

    分光情報に基づくカラーユニバーサルデザインのための色弱シミュレーション

     

  • 2008年度 西野 顕

    スペクトル差異強調フィルタとファンデーション塗布状態可視化への応用

     

  • 2010年度 中島 加惠

    顔処理に与える顔色の影響 〜事象関連電位による解析〜 

     

  • 2015年度 田村 秀希

    グレア錯視の持つ明るさ感増強効果の輝度頑健性

 


<優秀特別研究発表賞>

  • 2005年度 岩崎 宏明

    近赤外分光画像による肌保湿力の可視化に関する研究

     

  • 2005年度 小野内 達也

    カラーユニバーサルデザインツールとしての機能性分光フィルタに関する研究

     

  • 2006年度 小林健一

    分光学的手法を用いたAlicyclobacillusの迅速検出に関する研究

     

  • 2016年度 伊藤 和哉

    蛍光特性に基づく手の汚染分布イメージング

     

 

<最優秀卒業研究発表賞 (旧最優秀特別実験発表賞)>

  • 2003年度 岩崎 宏明

    環境ストレスに対する植物応答の可視化

 

  • 2004年度 打尾 健太

    物体認識における視点依存性と脳機能左右差に関する研究 −事象関連電位による検証−

     

  • 2013年度 新海 崇紘

    定常状態視覚誘発電位による複数移動対象の追跡

     

  • 2015年度 近藤 泰成

    異物検出のための光源スペクトル数理最適化

 

 

<優秀卒業研究発表賞 (旧優秀特別実験発表賞)>

  • 2005年度 小峰 央志

    シーン統計量が色の見えに与える影響とその空間特性

     

  • 2005年度 鶴見 俊

    色覚補助フィルタが色の見えおよび色弁別能力へ与える影響とその補正効果について

     

  • 2006年度 西野 顕

    色の見分けをサポートする機能性分光ツールの開発

 

  • 2007年度 山下 卓也

    近赤外スペクトル分離に基づく路面状態推定に関する研究

     

  • 2009年度 加藤 幸美

    近赤外分光画像による皮膚上の油・水分量独立可視化に関する研究

     

  • 2011年度 小港 省吾

    分光法による微生物の同定

     

  • 2012年度 永井 裕人

    励起蛍光透過波長最適化による魚の鮮度の可視化

     

  • 2012年度 山岸 理雄

    質感を持つ色刺激による色順応効果

     

  • 2013年度 田村 秀希

    グレア錯視による明るさ感増強と輝き知覚の輝度依存性

     

  • 2015年度 Bui Minh Vu

    最適励起・蛍光波長による冷凍魚の鮮度イメージング