金塚裕也 - Yuya Kinzuka

基本情報

博士後期課程2年 (日本学術振興会特別研究員)
出身地 : 新潟県
生年月日 : 1995年5月24日
出身校 : 長岡工業高等専門学校
研究テーマ : 主観的時間知覚,瞳孔反応に現れる認知的要因,明るさ知覚
E-mail :

自己紹介

ニックネーム : 金ちゃん
趣味・特技 : 写真,英語,アマチュア無線,旅,キャンプ,貯金
好きな食べ物 : ラズベリー,フィッシュ&チップス,ねぎ,牛タン,日本酒
嫌いな食べ物 : 塩焼きそば
一度やってみたいこと : パラグライディング,井戸掘り,自宅にハンモック

学術論文

  • Kinzuka Yuya, Fumiaki Sato, Tetsuto Minami, and Shigeki Nakauchi. “The effect of red/blue color stimuli on temporal perception under different pupillary responses induced by different equiluminant methods.” PLoS ONE 2022;17(6): e0270110 (2022), https://doi.org/10.1371/journal.pone.0270110
  • Kinzuka Yuya, Fumiaki Sato, Tetsuto Minami, and Shigeki Nakauchi. “Effect of glare illusion-induced perceptual brightness on temporal perception.” Psychophysiology 2021;00:e13851 (2021), https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/psyp.13851
  • Kinzuka Yuya, Tetsuto Minami, and Shigeki Nakauchi. “Pupil dilation reflects English/l//r/discrimination ability for Japanese learners of English: a pilot study.” Scientific Reports 10.1 (2020): 1-9., https://www.nature.com/articles/s41598-020-65020-1
  • Novera Istiqomah, Yuta Suzuki, Yuya Kinzuka, Tetsuto Minami, Shigeki Nakauchi. “Anisotropy in the peripheral visual field based on pupil response to the glare illusion.” Scientific Reports 8.6 (2022): e09772., https://www.cell.com/heliyon/fulltext/S2405-8440(22)01060-X
  • Shigeki Nakauchi, Taisei Kondo, Kinzuka Yuya, Yuma Taniyama, Hideki Tamura, Hiroshi Higashi, Kyoko Hine, Tetsuto Minami, Joao Linhares and Sérgio MC Nascimento. “Universality and superiority in preference for chromatic composition of art paintings.” Scientific Reports 12.1 (2022): 4294., https://www.nature.com/articles/s41598-022-08365-z

会議論文(学会出版物)

  • Istiqomah Novera, Takeshita Tetsuya, Kinzuka Yuya, Minami Tetsuto, & Nakauchi Shigeki “The Effect of Ambiguous Image on Pupil Response of Sun and Moon Perception”, International Symposium on Affective Science and Engineering ISASE2022, 1–4, (2022), https://doi.org/10.5057/isase.2022-C000004

国際会議発表

  • Kinzuka, Y., Sato, F., Minami, T., & Nakauchi, S. “Association between temporal perception and pupillary response in Red/Blue stimuli”, Vision Sciences Society 2019 Annual Meeting, Florida, U.S.A., May 17-22, 2019. Journal of Vision (suppl.), 2019.
  • Kinzuka, Y., Sato, F., Minami, T., & Nakauchi, S. “Effect of Red/Blue on temporal perception and pupillary response by different equiluminant methods”, 32nd International Congress of Psychology, Prague, Czech Republic, July 19-24, 2020, Rescheduled to July 18-23, 2021.
  • Nakakoga, S., Nihei, Yuji., Kinzuka, Y., Haw, C.K., Shahidan, W.N.S, Mohd, Bee, Y.G., Abdullah, Z.B., Imura, T., Shirai, N., Nakauchi, S., Minami, T. “Facial color effect on recognition of facial expression: A comparison among Japanese and Malaysian adults and school children”, European Conference on Visual Perception 2019. Leuven, Belgium, August 25-29, 2019.
  • Abe, K., Hine, K., Kinzuka, Y., Nakauchi, S., & Minami, T., “Internal/External critical factors in the preference of music tempo”, 32nd International Congress of Psychology, Prague, Czech Republic, July 19-24, 2020, Rescheduled to July 18-23, 2021.
  • Nakanishi, Y., Suzuki, Y., Kinzuka, Y., Nakauchi, S., & Minami T., “Novel objective color vision testing method based on color perceptual state classification by pupillary response”, The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society / The 1st CJK International Meeting, Hyogo, Japan, July 28-31, 2021.
  • Matsumoto, Y., Kinzuka, Y., Minami, T., & Nakauchi, S. “Illusory brightness modulation induced by the expansion/contraction of the central area in glare illusion”, The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society / The 1st CJK International Meeting, Hyogo, Japan, July 28-31, 2021.
  • Istiqomah, N., Takeshita, T., Kinzuka, Y., Minami, T., & Nakauchi, S. “The Effect of Ambiguous Image on Pupil Response of Sun and Moon Perception”, ISASE 2022 – The 8th International Symposium on Affective Science and Engineering, Online Symposium, March 27, 2022. (Received the Presentation Encouragement Award)

国内学会・シンポジウム等における発表

査読あり

  • 金塚裕也, 佐藤文昭, 南哲人, 中内茂樹: “知覚時間と赤/青刺激により誘発される瞳孔反応の関係”, 第42回 日本神経科学大会, (新潟県 朱鷺メッセ) 2019年 7月25日. (査読あり,ポスター発表)
  • 齊藤隼平, 金塚裕也, 鈴木雄太, 南哲人, 中内茂樹: “音楽聞き分け課題に対する瞳孔反応”, 第43回 日本神経科学大会, (兵庫県 神戸国際会議場) 2020年 7月29日. (査読あり,ポスター発表)
  • 受川誠一郎, 佐藤章, 金塚裕也, 伊藤研一郎, 小木哲朗: “iBeaconを用いた多言語観光情報提供システム”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2017, (大阪府 大阪工業大学梅田キャンパス) 2017年9月7日. 論文集, pp.791-794, 2017. (査読あり, 口頭発表)
  • 中古賀理, 金塚裕也, 伊村知子, 白井述, 中内茂樹, 南哲人: “表情認知における顔色効果―日本・マレーシア・ノルウェーにおける文化間・世代間比較―”, フォーラム顔学2020 (第25回 日本顔学会大会), (オンライン開催) 2020年10月4日. (査読あり, 口頭発表)
  • 山田純栄, 中古賀理, 金塚裕也, 南哲人: “顔色効果による高機能スペクトラム症者の表情認知”, フォーラム顔学2020 (第25回 日本顔学会大会), (オンライン開催) 2020年10月4日. (査読あり, 口頭発表)
  • 中西優斗, 鈴木雄太, 金塚裕也, 中内茂樹, 南哲人: “瞳孔反応による色知覚状態推定を用いた客観的色覚検査手法 ”, 第44回 日本神経科学大会, (兵庫県 神戸国際会議場) 2021年 7月28日. (査読あり,ポスター発表)
  • 阿部晃気, 日根恭子, 金塚裕也, 中内茂樹: “音楽聴取時の覚醒度と外部/内部テンポの関連”, 日本心理学会第85回大会, (オンライン開催) 2021年9月1日. (査読あり, ポスター発表)
  • 寺沢俊輔, 金塚裕也, 佐藤文昭, 南哲人, 中内茂樹: “点描刺激の曖昧さが知覚時間に与える影響”, 日本視覚学会 2022年夏季大会, (オンライン開催) 2022年9月5日-7日. (査読あり, ポスター発表)

査読なし

  • 坂本和子, 金塚裕也: “擬人化エージェントのデザイン変容と印象評価”, 日本マーケティング・サイエンス学会第105回研究大会, (福岡県 福岡大学) 2019年6月9日. (査読なし,口頭発表)
  • 坂本和子, 金塚裕也: “デザインの類似と模倣 -製品デザインの類似判断基準-”, 日本マーケティング・サイエンス学会第107回研究大会, (愛知県 名城大学) 2020年6月6日. (査読なし,口頭発表) (採択済)
  • 若松滉太, 谷山祐真, 金塚裕也, 宮本健太, Wan Nazatul Shima Shahidan. Chuang Huei Gau. Fatin Najiah Mohd Idrus, Hemaniswarri Dewi A/P Dewadas, 中内茂樹: “プルーンもマレーシア人にとっては速い: 食べ物における感覚間対応の文化差” 質感のつどい 第5回公開フォーラム (京都府 京都大学) 2019年12月4日. (査読なし,ポスター発表)

その他

  • 優秀卒業研究発表賞受賞 平成29年度情報・知能工学課程特別実験発表会,豊橋技術科学大学,2017年12月.
  • 最優秀特別研究発表賞受賞 令和元年度情報・知能工学課程特別実験発表会,豊橋技術科学大学,2020年2月.
  • 公益財団法人NEC C&C財団 2019年度前期国際会議論文発表者助成 採択.
  • 招待講演, 日本女子大学人間社会学部 心理学科中級演習・公開講演会 「瞳孔反応から探るこころ」, 2018年11月12日.
  • オスロ大学 RITMO,RITPART Short-Term Scientific Missions (STSMs) 採択,2019年6月 (派遣期間 2019年10月-11月).
  • オスロ大学 RITMO,短期研究アシスタント 採用,2021年5月.
  • 令和3年度 日本学術振興会特別研究員(DC2) 採用,2021年4月 (採用内定 2020年9月).
  • 令和3年度 日本学術振興会若手研究者海外挑戦プログラム 採用内定,2020年12月.
  • 国立大学法人豊橋技術科学大学 Press Release,2020年7月. リンク1 リンク2

所属学会

  • Vision Sciences Society
  • Society for Psychophysiological Research
  • 日本神経科学学会
  • 日本マーケティング・サイエンス学会