学会情報

7月 学会情報

7月に各地において行われる学会で,本研究室メンバーが発表いたします.

ICVS: International Colour Vision Society
https://www.icvs2019.lu.lv/

  • 発表者:中内茂樹
  • 題目:Age-related change in preference for chromatic compositions of art paintings revealed by 30K subjects experiment
  • 発表日:2019年7月6日
  • 発表形式:ポスター発表
ICVS: International Colour Vision Society
https://www.icvs2019.lu.lv/

  • 発表者:岸上翔
  • 題目:Chromatic properties of Japanese paintings are similar to that of European paintings
  • 発表日:2019年7月6日
  • 発表形式:口頭発表
NEURO2019(第42回日本神経科学大会、第62回日本神経化学会大会)7/25–28
https://neuro2019.jnss.org/
朱鷺メッセ

  • 発表者:金塚裕也
  • 題目:知覚時間と赤/青刺激により誘発される瞳孔反応の関係
  • 発表日:2019年7月25日
  • 発表形式:ポスター
NEURO2019(第42回日本神経科学大会、第62回日本神経化学会大会)7/25–28
https://neuro2019.jnss.org/
朱鷺メッセ

  • 発表者:清水健吾
  • 題目:音刺激に対する瞳孔反応を用いた情動推定
  • 発表日:2019年7月26日
  • 発表形式:ポスター

6月 学会情報

6月に各地において行われる学会で,本研究室メンバーが発表いたします.

玉川大学 脳科学研究所 社会神経科学共同研究拠点研究会「世界と社会における色と質感」
https://www.tamagawa.jp/research/brain/news/detail_15895.html
玉川大学

  • 発表者:中内茂樹
  • 題目:絵画配色に対する選好:普遍性と多様性
  • 発表日:2019年5月30日
  • 発表形式:招待講演
視覚科学コンソーシアム(VSAT)第10回オープンイベント
http://www.vsat.jp/events/openevent/vsatdi10huiopunibento2019dongjingkaicuiannei
CIC東京 国際会議室

  • 発表者:中内茂樹
  • 題目:こころの窓としての瞳:認知状態と瞳孔反応
  • 発表日:2019年5月31日
  • 発表形式:招待講演
Annual Finnish Computer Science Symposium
http://www.uef.fi/fi/web/tktpaivat2019/in-english

  • 発表者:Shigeki Nakauchi
  • 題目:Understanding the human perception and cognition in the era of artificial intelligence
  • 発表日:2019年6月11日
  • 発表形式:招待講演

5月 学会情報

5月に各地において行われる学会で,本研究室メンバーが発表いたします.

Vision Sciences Society 2019 Annual Meeting (2019/5/17 – 5/22)
http://www.visionsciences.org/ @Tradewinds Island Resorts, St. Pete Beach, Florida, USA

題目 :   Visual-auditory crossmodal priming affects visual texture recognition
著者 :   Kohta Wakamatsu, Michael J. Proulx, Shigeki Nakauchi
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/18

題目 :   Vision in the extreme-periphery (3b): effects of eccentricity and foveal input on color perception
著者 :   Yusuke Shirai, Takashi Suegami, Mohammad Shehata, Shinsuke Shimojo, Shigeki Nakauchi
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/18

題目 :   Preference judgement for art paintings: large-scale subjects (30K) experiment revealing age dependency
著者 :   Shigeki Nakauchi, Masaya Nishimoto, Hideki Tamura
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/19

題目 :   P3 asymmetry elicited by original-pseudo art paintings using an oddball paradigm
著者 :   Yuma Taniyama, Yuji Nihei, Tetsuto Minami, Shigeki Nakauchi
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/19

題目 :   Preference of facing/lighting direction for portraits paintings
著者 :   Sho Kishigami, Yuma Taniyama, Shigeki Nakauchi, Tetsuto Minami
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/19

題目 :   Association between temporal perception and pupillary response in Red/Blue stimuli
著者 :   Yuya Kinzuka, Fumiaki Sato, Tetsuto Minami, Shigeki Nakauchi
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/19

3月 学会情報

3月に各地域において行われる学会で,本研究室メンバーが発表いたします.

第7回多元質感知領域班会議

題目 :   ヒトらしく振る舞う材質識別モデルを目指して
著者 :   田村秀希,K. Eugen Prokott,Roland W. Fleming

題目 :   質感におけるクロスモーダルプライミング効果
著者 :   若松滉太,Michael J. Proulx,中内茂樹

題目 :   オドボールタスクにおけるP3振幅の非対称性は絵画に対する主観的選好を反映する
著者 :   谷山祐真,二瓶裕司,南哲人,中内茂樹

題目 :   絵画配色の選好に関する大規模被験者実験
著者 :   西本雅也,田村秀希,中内茂樹

いずれも
開催場所 :   兵庫県淡路市
発表形式 :   ポスター
発表日 :   2019年3月13日(水)〜15日(金)

12月 学会情報

12月に各地域において行われる学会で,本研究室メンバーが発表いたします.

「顔・身体学」領域会議

題目 :   顔色-表情知覚の相互作用の文化・世代間比較
著者 :   南哲人
開催場所 :   沖縄
発表形式 :   オーラル & ポスター
Date :   12/26

題目 :   笑顔はヒトを明るくするのか:表情による顔の明るさ知覚変調
著者 :   岩見将平,中内茂樹,南哲人
開催場所 :   沖縄
発表形式 :   ポスター
Date :   12/26

題目 :   顔の向きと光源の位置が肖像画の選好に与える影響
著者 :   岸上翔,谷山祐真,中内茂樹,南哲人
開催場所 :   沖縄
発表形式 :   ポスター
Date :   12/26

 

10月 学会情報

10月に各地域において行われる学会で,本研究室メンバーが発表いたします.

「顔・身体学」領域会議

題目 :   顔色-表情知覚の相互作用の文化・世代間比較
著者 :   南哲人
開催場所 :   沖縄
発表形式 :   ポスター
発表日 :   12/26

題目 :   笑顔はヒトを明るくするのか:表情による顔の明るさ知覚変調
著者 :   岩見将平,中内茂樹,南哲人
開催場所 :   沖縄
発表形式 :   ポスター
発表日 :   12/26

題目 :   顔の向きと光源の位置が肖像画の選好に与える影響
著者 :   岸上翔,谷山祐真,中内茂樹,南哲人
開催場所 :   沖縄
発表形式 :   ポスター
発表日 :   12/26

 

9月 学会情報

9月に各地域において行われる学会で,本研究室メンバーが発表いたします.

第20回日本感性工学会大会

題目 :   顔色が低解像度顔刺激における表情認知に及ぼす影響
著者 :   中古賀 理、二瓶 裕司、中内 茂樹、南 哲人
開催場所 :   東京
発表形式 :   口頭発表
発表日 :   9/5

 

8月 学会情報

8月に各地域において行われる学会で,本研究室メンバーが発表いたします.

International Conference on Advance Informatics: Concepts, Theory and Applications 2018

題目 :   Visualize the quality of frozen fish using excitation-emission matrix technique
著者 :   Minh Vu Bui(発表者), Md. Mizanur Rahman, Naho Nakazawa, Emiko Okazaki and Shigeki Nakauchi
開催場所 :   Krabi, Thailand
発表形式 :   ポスター
発表日 :   8/16

 

European Conference on Visual Perception 2018

題目 :   Pupillary changes reflect visual spatial attention modulated by emotional sounds
著者 :   Satoshi Nakakoga, Hiroki Kajita, Hiroshi Higashi, Shigeki Nakauchi, Tetsuto Minami
開催場所 :   Trieste, Italy
発表形式 :   ポスター
発表日 :   8/28

題目 :   Rapid categorization of face-like objects in a fast-periodic visual stimulation
著者 :   Yuji Nihei, Hiroshi Higashi, Tetsuto Minami, Shigeki Nakauchi
開催場所 :   Trieste, Italy
発表形式 :   ポスター
発表日 :   8/28

題目 :   Preference for chromatic composition of art paintings by children aged 6- to12-year old
著者 :   Tomoko Imura, Taisei Kondo, Nobu Shirai, and Shigeki Nakauchi
開催場所 :   Trieste, Italy
発表形式 :   ポスター
発表日 :   8/28

題目 :   Modulating luminance and color saturation disambiguates mirror and glass
著者 :   Hideki Tamura, Eugen Prokott, Roland Fleming
開催場所 :   Trieste, Italy
発表形式 :   ポスター
発表日 :   8/28

 

6月 学会情報

6月に各地域において行われる学会で,本研究室メンバーが発表いたします.

第6回多元質感知領域班会議 (2018/6/27 – 6/29)

題目 :   光沢感における質感と音声の干渉現象
著者 :   若松滉太,權眞煥,坂本真樹,中内茂樹
発表形式 :   ポスター
発表日 :   6/27-28

 

5月 学会情報

5月に各地域において行われる学会で,本研究室メンバーが発表いたします.

Vision Sciences Society 2018 Annual Meeting (2018/5/18 – 5/23)
http://www.visionsciences.org/ @Tradewinds Island Resorts, St. Pete Beach, Florida, USA

題目 :   Color statistics underlying pregerence judgement for art paintings
著者 :   S. Nakauchi, T. Kondo, H. Higashi, J. Linhares, S. Nascimento
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/21

題目 :   Distinguishing Mirror from Glass
著者 :   Hideki Tamura, Konrad E Prokott, Roland W Fleming
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/19

題目 :   Sound symbolism expressing visual texture on different linguistic backgrounds
著者 :   Wakamatsu, K., Kwon J., Sakamoto, M., Nakauchi, S.
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/21

題目 :   The differential effect of glowing appearance in the glare illusion: evidence from pupillometry
著者 :   Y. Suzuki, T. Minami, B.Laeng, S. Nakauchi
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/21

題目 :   Association between pupil constriction and aesthetic preference/naturalness in art-paintings
著者 :   Y. Taniyama, Y. Suzuki, T. Kondo, T. Minami, S. Nakauchi
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/21

題目 :   Color ambiguity as in #thedress induced by T-shirt image based on physically-based rendering
著者 :   K. Shiromi, H. Higashi, M. Shehata, S. Nakauchi, S. Shimojo
発表形式 :   ポスター
発表日 :   5/19